伝説の人

7月 19th, 2013

ジムでランニングマシーンを走らせながらテレビを拝見していると、登小(誠小だったかもしれません)の特集なるものが放送されていました。先日、お亡くなりになられた登川誠仁の特集です。私が初めて、登川誠仁の名前を知ったのは、映画「ナビィの恋」です。主人公のおじぃさん役で出演されていました。彼、独特の、しゃがれた声が好きで何度かCDをレンタルしようかと思うくらい好きだったので、訃報を聞いた時には少し悲しかったものです。

この番組には、知名定男(沖縄の小室哲哉、ネーネーズをプロデュース)とか古謝美佐子とか、沖縄民謡のそうそうたるメンバーが出演されていて、特に知名定男が、登川誠仁のお弟子さんだったのには驚きました。その他にも、有名な門下生の方が何人かいらっしゃるようで、民謡歌手としてだけではなく、プロデューサーとしても敏腕だったそうです。人柄も大変、良かったとか…。

ツタヤなどのレンタルショップの沖縄民謡コーナーに行くと彼のCDはあると思うので是非、ご拝聴頂きたいです。そして、沖縄旅行に来られた際に、民謡酒場で彼の話をすると「あっ、この人知っている。」と思われるかもしれません。私も機会があればCDをレンタルしたいと思います。

台風の恐ろしさ

2月 25th, 2013

沖縄に住んでもう10年。
すこしだけ準備不足だったと反省している点があります。

マリンスポーツが生きがいになっている私、
沖縄で毎年マリンスポーツを楽しめたらどれだけ素敵な人生になるだろうと思い、
10年前に沖縄に移住しました。

移住した当初、できるだけ海沿いの家がいいと思い、
不動産屋さんと一緒に海沿いにあるお得な物件を探しました。
海よりほど近い場所にとてもいい物件がありました。
何でもあまり借り手がいないとのこと。
車があれば問題なく生活できるところだったのですぐに賃貸契約をしました。

それが間違いでした。不動産屋さんも行ってくれればよかったのに…。

その反省点が、沖縄に来る台風のことを考えていなかったことです。

八月後半から九月にかけて、沖縄には毎週と言っていいほど台風が上陸します。
海沿いの私の家、波しぶきは飛んでくるわで車も潮風でさびている個所もあります。

実際に住んでみるまで、沖縄の台風がここまですさまじいものとは思っていませんでした。

沖縄に移った初年度には、ほとんどすべての窓ガラスが台風によって割られてしまいました。
そして、追い打ちをかけるようになかなか復旧しない停電…。

付近にもまだ交流がありませんでしたので、
こういった情報も知ることが出来ずに痛い目に遭いました。
最近ではもう慣れて、台風のシーズンになったらガラスを網ガラスにしたり、
強化加工を施したりしてしのいでいます。

沖縄は気候的に本土では考えられないことが起きます。
事前にしっかりと調べておくと、私のようなトラブルにも巻き込まれないと思います。

台風の風速も50メートルを超えるようなこともあります。
しっかりと事前に情報を集めて、準備をしてから沖縄に移住するべきですよ。

移住してあっとゆうまに10年・・・

2月 20th, 2013

沖縄に移住してあっという間に10年が過ぎました。
思い立ったのが30代、仕事も辞め着の身着のまま沖縄に行ったのを覚えています。

まずは就職先を探さないといけません。
ただでさえ、有効求人倍率が低く、失業率の高い沖縄。
30代の私にとって、沖縄での正社員の就職はかなり厳しいものでした。

とりあえずの生活費を稼がないといけませんので、アルバイトすることに。
ココでも驚きがありました。

移住した当時、沖縄の最低賃金はなんと610円台!
こんな低賃金では生活できないと思い、インターネットを使って個人で業務委託などをして食いつなぎました。
今でこそ、645円(平成23年11月)まで上がってきていますが、それでも低いのが現状です。

アルバイトで生活をしていくのはかなり困難でしょう。
夏場になると、観光客向けの短期のアルバイトが増えますが、それも一時的なことです。

沖縄は所得の少ない人が多いと言われるゆえんが分かったように思います。

正社員になっても手取りで12万円程度の人も多いようです。
沖縄移住の際には、しっかりと調べてから来ないと、生活が出来なくなってしまうことがありますので注意が必要です。

失業率の高さ、若者の沖縄離れも大きな問題になっています。
ただびっくりしたのが、那覇だけかもしれませんが、歯医者と那覇市のおすすめ美容室一覧がものすごく多い事です。確実に困らない気がします。。。

似ていなくたっていいよ

1月 24th, 2013

マナティーが人魚のモデルになったというのは、どうにも信じがたい事実だと思います。
人間と乳房の位置が同じで、子どもに乳をあげる仕草がとても似ているから、海面に出てきていたそれを見たのではないか…という人が多いらしいです。
ジュゴンも同じような感じで、これらはやはり共通して、人魚のモデルと言われていますよね…。
ジュゴンは国内だと沖縄に野生で生息しているものがいくらかいたり、マナティーは美ら海水族館に専用の建物があったりして、なにかと南国に近い印象があります。
それでも、なんとなくあのちょっと間の抜けたような愛らしい顔を見ていると、人魚というよりは…と考えてしまうのでした。
それもまた幸せです。出来るたけ未来まで、たくさん生き残って欲しいです。

お気に入りになった沖縄屋さん

1月 14th, 2013

久しぶりに買い物に行ってきました。
東京都で興味のあるところを事前に調べて友達と歩き回ってきました。
洋服を買ったり、屋台で食べ物を買ったり、雑貨を見たり…
久しぶりだったので、とにかく2人でとても楽しんでくることができた気がします。

中でも、沖縄屋さんが私はお気に入りになりました。
東京都にも何件かあるみたいですね。
あれはチェーン店なのかな?
沖縄の雑貨や食料品やお土産などが売っているお店です。
音楽もお店の雰囲気も沖縄っていうような感じがしました。
お店の人も、オススメ商品や沖縄の豆知識など、たくさんお話をしてくれて、とてもイイ人でした。
そこの沖縄屋さんは、一緒に行った友達もすごく気に入ってくれたので、また来ようと約束しながら帰宅しました。

沖縄ダイビングをした後に食べたのも超おいしいかったです。

美味しいお土産

12月 17th, 2012

わした(沖縄のアンテナショップ)の
ページを見ていたんですけど、
15秒に1個売れている銘菓
というのがありました。

それは御菓子御殿(ポルシェ)笑。の、
元祖 紅いもタルトです。

お菓子カテゴリ売れ筋ナンバー1だって。
美味しいんだ~!
普通に美味しそうだけど、
バカ売れってことですかね。

15秒に1個と言えば、
私はノンシリコーンシャンプーの
今話題のレヴールを使っているんですけど、
なんとなーくいいかな?
くらいな程度なんですけどね(笑)、

なんと、以前は6秒に一本だったのが、
3秒に一本売れるように
なったそうです。

秒数が二分の一に上がった!?
なんだこれ~!と思って笑っていましたけど、
すごいですね、
なんでぱっくり6秒が二分の一になったんだか。

それはいいとして、
まあ、売れているんですね。(まとめたね。)

もっと身近になればいいのに

11月 27th, 2012

ショウガと醤油、それから少々の酢をつけて食べると、とても美味しいものがありました。
沖縄料理屋さんで食べた、「山羊のお刺身」です。
山羊の料理なんて、普段はなかなか食べないです。なかなか食べない肉料理って、ニオイや風味が気になってしまうものだろうな…って思っていたんです。生のお肉だから、余計に…。
けれど、ショウガやお酢の風味でそのあたりも相殺出来て、かつ醤油をつけることで、とても食べやすくなっていました。
沖縄の料理は、なかなか普段自分が食べないような食材を使っていますが、いざ手を伸ばしてみると、かなり美味しいものがたくさんありますね。
白いごはんにとてもよく合うな~と思いましたが、普段自分でスーパーで買ってこられるものでもないのが残念です。

たぶん言わなかったら

11月 22nd, 2012

誰もいないから沖縄じゃつらいのではと思っていたけど、この一番最初に出てきたのもちょっと変わっていてやっぱり同じのはできないなっていうのはわかるけど。
全部がはじめてのような気もしてこれだけでも新鮮なものに感じられるのはやっぱりチカラがある証拠なんだと思いますね。

微妙に聞こえてくるものがあるけどそれも沖縄だからこそわかること、これだけ反応がもらえるんだからずっとこの調子でしょうね。
もう一回やってしまえばあとは気にならなくなるから今までのはなんだったのかと思ってしまうかもしれないけど、ここがあの沖縄の人達が来ていた場所って思うと凄いですね。

こんなんだったか覚えてないけどあとからもっと強くなるものですよ、そんな早くに見て欲しいんだったらそれように言ったらいいのにさ。

ジュゴンも願っているはず

11月 15th, 2012

この間、辺野古へ行ってきた話しませんでしたっけ?

そう、昭和の雰囲気を残したようなアメリカーンな建物の多い辺野古。

沖縄の隠れた観光名所とも言えます。

賑やかしい雰囲気からは程遠い、とっても静かな(というか静かすぎる)場所です。
廃墟もあって流石に夜は来たくない(おい!)別の意味で「もりあがる」場所かもしれません。

なんか、変な事ばかり書いていますが、本当に、辺野古って、海綺麗ですよ~。

実はここ、この場所にしかいないというあのジュゴンが住んでいるんです。
実在する、人魚!!(と、言われてる哺乳類)

ちょっと小高い場所から海を見下ろすと、本当に悩みなんか吹っ飛びますね。

ちょいと寂れてしまった場所っぽいけど、個人的には、残してほしいな~あまり近代化してほしくないなっていう場所です。

きっとジュゴンもそう思ってるはず。

これでいいのか不安だ

11月 13th, 2012

一緒に沖縄案内してくれた人が隣で、細かいところも教えてくれてそれが凄い貴重に感じてそっちも気にしつつと行ったかんじですね。
でもこっちとしては今回は凄い状態だったからあまりそこは見られたくないというか、でも本当に気にせず開放したいくらいですよね。

また沖縄に行って買って、何回でも経験しても同じような感動は絶対起きるので価値が凄くあると思います。
たぶん一気に5回くらい繰り返しても大丈夫だと絶対に思えるので、まだ沖縄でやってない人には絶対勧めます。

実際に案内してくれた人も終わった後また戻って同じ事をしていたんだそうで、それでも凄く楽しめていたのではないでしょうか。
でもできれば最初の方も行って必要なものを取りにいくっていうこともして欲しかったですよね。