台風の恐ろしさ

沖縄に住んでもう10年。
すこしだけ準備不足だったと反省している点があります。

マリンスポーツが生きがいになっている私、
沖縄で毎年マリンスポーツを楽しめたらどれだけ素敵な人生になるだろうと思い、
10年前に沖縄に移住しました。

移住した当初、できるだけ海沿いの家がいいと思い、
不動産屋さんと一緒に海沿いにあるお得な物件を探しました。
海よりほど近い場所にとてもいい物件がありました。
何でもあまり借り手がいないとのこと。
車があれば問題なく生活できるところだったのですぐに賃貸契約をしました。

それが間違いでした。不動産屋さんも行ってくれればよかったのに…。

その反省点が、沖縄に来る台風のことを考えていなかったことです。

八月後半から九月にかけて、沖縄には毎週と言っていいほど台風が上陸します。
海沿いの私の家、波しぶきは飛んでくるわで車も潮風でさびている個所もあります。

実際に住んでみるまで、沖縄の台風がここまですさまじいものとは思っていませんでした。

沖縄に移った初年度には、ほとんどすべての窓ガラスが台風によって割られてしまいました。
そして、追い打ちをかけるようになかなか復旧しない停電…。

付近にもまだ交流がありませんでしたので、
こういった情報も知ることが出来ずに痛い目に遭いました。
最近ではもう慣れて、台風のシーズンになったらガラスを網ガラスにしたり、
強化加工を施したりしてしのいでいます。

沖縄は気候的に本土では考えられないことが起きます。
事前にしっかりと調べておくと、私のようなトラブルにも巻き込まれないと思います。

台風の風速も50メートルを超えるようなこともあります。
しっかりと事前に情報を集めて、準備をしてから沖縄に移住するべきですよ。

Comments are closed.